カイロで健康

熱中症とギックリ腰

熱中症とギックリ腰(急性腰痛)の関係があるか、考察してみました。
年度別の熱中症とギックリ腰

ギックリ腰のデーターは、長浜施療院の7・8・9月のギックリ腰 (2010年8月調べ)を最大件数で標準値化しました。

●熱中症とギックリ腰(急性腰痛)の関係があるか、年代毎にまとめてみました。

今まで、四季では夏、気温では28度からギックリ腰が増加します。予想されるように熱中症が増えるとギックリ腰も増えているのが、グラフから分かります。(相関係数0.6)

熱中症のデーターとして、環境省熱中症環境保健マニュアル(2009年6月改訂版)図1-9都市別・年次別熱中症救急搬送数(2000〜2008年)(提供:国立環境研究所 小野雅司氏)の総計を最大件数で標準値化しました。


熱中症分類

■来院時の問診で、
数日前から足がつっていた(こむらがえり)。軽い頭痛があった。立ちくらみがあった。体がだるかった、疲れがたまった感じがしていた。などと、言われることが多くあります。

このことから、カイロプラクティックに来院されるギックリ腰の患者さんは、熱中症の分類で1度の症状と同じようであり熱中症と共に起きた急性腰痛だと考えられます。強いて言えば、熱中性急性腰痛とでも言えそうです。

施療では、関節、筋肉の調整に加えてアイスパックで冷やしてテーピングなども併用します。通常より回復には時間がかかり、良くなったと思って動くと、痛みがより強く再発することもあります。
そのため、熱中症の注意点も合わせてお話してます。

ギックリ腰にならないためにも、熱中症の対策をしましょう。
カイロで健康 「カイロプラクティック」へもどります >>