カイロで健康

子供いす

子供いすに腰掛けて腰痛、膝が伸ばせなくなった症例です。

右骨盤と腰の骨1番4番

■はじめに
60歳代、女性、保育園パート、年に数回来院。
お遊戯会の練習で、子供用の椅子に腰掛けていたら、 右の腰が痛くなってきて、膝が伸ばせなくなってきた。

・症状と結果
うつむき時、右足が5mm長く、骨盤を調整。 腰の骨1番と4番を調整。 膝、股関節は問題なく、筋肉調整。
帰りには、腰も楽になり、膝も楽に伸ばせる。

・あとがき
膝にも症状があったので、腰の骨3番目を疑いましたが、 1つ下の4番が大きくズレて、3番目と4番目の関節が ズレて、膝が伸ばせなくなったようです。

メルマガ817号

子供いすと大人いす

子供いすと大人いすの高さで見てみました。

子供いす(JIS1号 26cm)に、大人が座った場合。
体と足の角度が70度で、膝や腰に負担がかかっています。

大人いす(JIS4号 38cm)に、大人が座った場合。
体と足の角度は90度で、姿勢よく足腰の負担が少ないのが見られます。


子供いすに座って前屈み

子供の目線に合わせてみました。

子供さんの目線に合わせるため、前屈みになったみたところ、
体と足の角度は30度になり、腰と頭の距離も離れ、腰に大きな負担がかかっているのがわかります。

屈んだり、伸ばしたり、長時間の姿勢で
腰の筋肉が痛んだり、骨盤、腰の骨のズレが生じて、腰痛や下肢痛が生じたと考えられます。

子供いすに大人が座るのは、気をつけましょう。

カイロで健康
「環境 足腰」へもどります