カイロで健康

ガングリオン

・関節の周辺に米粒大からピンポン玉ぐらいまでの腫瘤ができます。
・滑液のある所(関節、腱鞘)の付近では何処でも出来る可能性があります。
・関節包(関節をつつむふくろ)や腱鞘(腱をつつむさや)の変性により生じます。
・女性の手首に出来ることが多く、柔らかいものから硬いものまであります。
・手を使いすぎると腫瘤は大きくなることがあります。

・不快感がありますが、多くの場合強い痛みはありません。
・神経が圧迫され痛みを伴うものは外科的治療(穿刺、レーザー)を勧めます。
舟状骨 ガングリオン もっとも多い手首のガングリオンは、舟状骨を中心とした動きを回復させることで、改善していきます。

舟状骨は、親指と一指し指の根元に、位置しています。

舟状骨 ●中間の位置です。

赤いのが舟状骨です。

手を曲げた状態 ●屈曲したときで、甲側にずれやすい状況です。(橈骨(右)側)

■コップを洗ったり。
■泡だて器まわしたり。
■洗濯機から衣類出したり。
■雑巾しぼったり。
■雑草狩りでカマ使ったり。

▼日常動作に多いです。

手を反らした状態 ●伸展(反らした)時で、平側にずれやすい状況です。(手根中央(左)側)

■ペンで字を書いたり。
■立ちあがるのに着いたり。
■たんすを閉めたり。

▼物を押さえる動作です。

頚椎6、7、胸椎1番 ●手首を支配している神経は、頚椎5番・頚椎6番・頚椎7番・胸椎1番から出ています。

▼カイロプラクティックでは、手首の関節だけでなく関連する背骨も調整します。

膝の裏に生じるベーカー嚢胞も、膝関節の調整により再発しなくなることがあります。
ガングリオンも、カイロプラクティックで改善
カイロで健康 「臨床」へもどります >>