カイロで健康

急性期の悪化

急性期に、なんとかしようとして悪化させる人がいます。
●初めて ●体育会系 ●福祉関係別に考察してみました。
●初めて傷めた人は、
           温めて揉んで悪化
  • 温泉療法
     暖めて炎症を悪化
  • 早く何とかしたい
     安静にせず揉んで悪化
  • 逆療法
     痛い方へ捻じり関節を痛めて悪化

●体育会系の人は、
          運動逆療法で悪化
  • 筋トレ
     運動療法で炎症が進み悪化。
  • 根性・我慢
     痛いをこらえて逆療法で悪化。
  • 安静はサボリ
     動かしすぎで炎症が悪化。

●福祉関係の人は、
          働き続けて悪化
  • 休むと人に迷惑
     無理して働いて悪化
  • 動けるのは健康
     動かしすぎて炎症が悪化
  • 安静は病人
     無理して悪化
  • 急がしく休まないのが健康
     休まず我慢強く働いて悪化

それぞれの持論に、ついつい当てはめて、悪化させていることがあります。
身体は、使いすぎのプラスで痛みが出ているので、さらにがんばっては、プラス、プラスで悪化します。
安静のマイナスで、中和させて、身体を回復させてあげましょう。
ランバの体操
・・・ 急性期は、冷す・湿布・安静、プラス・カイロプラクテックで回復しましょう ・・・
カイロで健康 「臨床」へもどります >>