カイロで健康

腕が痛い
(関連痛)

右腕が3年間も痛かった原因を、関連痛として考察してみました。

●はじめに
30歳代、男性、運送業
3年前!!から右腕が痛い。レントゲンでは異常なし。
正月に親せきが集まったときの紹介で来院。

・症状と結果
背中の骨3番の前方へのズレ

2回目、1週間後、
腕の痛みは、少し気になる程度に改善、背中の骨3番のズレも安定しているので、施療完。

・あとがき
腕が痛む場所から推測すると、首の骨5番6番に問題があると考えられましたが、背中の骨のズレが、棘下筋に異常を出しその棘下筋が、関連痛として、腕の痛みを出していたようです。

メルマガ346号

背中の骨3番のズレと筋肉の硬化

触診から、
背中の骨3番のズレが診られました。
背中の骨3番から肩甲骨の筋肉が硬化が診られました。


棘下筋と関連痛

痛む筋肉を動かしても、動きの制限はややあるものの痛みの変化は少なく問題点は筋肉以外にあると考えられました。

また、患者さんが言われる痛みの部位は、関連痛から生じる部位と似ていました。

触診結果から考察するに、背中の骨3番のズレで周辺の筋肉などの動きが悪くなります。
その中で棘下筋の動きも制限され硬結が生じて、関連痛として腕が痛くなっていたと考えられます。

腕が痛くても原因は他にあるかも知れませんね

カイロで健康
「臨床」へもどります