カイロで健康

夏ばて

2012年の夏も暑かったです。
夏バテ症状の、体がだるい、頭痛、ふらふらするなどで来院される時期は、残業続きで大変です。
その時期が、毎年遅くなっているように感じましたので、調べてみました。

過去6年間の、8月9月10月の来院者数の傾向を見てみました
2011年 夏バテ 2010年 夏バテ 2009年 冷夏
2008年 夏バテ 2007年 夏バテ 2006年 夏バテ傾向なし

2006年2009年9月の低い気温
参考:気象庁の統計

2006年と2009年には、お盆を過ぎても大きなピークが見られませんでした。

平均気温を見てみると、2006年と2009年には9月の気温が低く、夏バテが少なかったと考えられえます。
特に2009年は、8月も気温が低く冷夏の年でもありました。

冷夏の年は、患者さんが少ないように感じていましたので、傾向と合致していると言えます。

夏バテの年々遅れ

お盆過ぎの患者さんのピークを夏バテだと想定すると
2007年8月20日
2008年9月4日
2010年10月5日
2011年10月14日となります。
やはり、夏バテピークが、年々遅くなっている傾向が見られました。

暑い夏が、長引くのが、原因だと考えられます。
体育日は、昔より体がバテていると思われますので、無理をせず、けがを防ぐ必要があるようです。

夏バテで、体がだるい、頭痛、ふらつきなどは、早めの施療で楽しく秋を過ごしましょう。
カイロで健康 「カイロプラクティック」にもどります  >>