カイロで健康

年末

年末は、お天気が良いと、患者さんが多くなるようなので考察してみました。
気温と降水量

気象庁のデーターの2004年から1997年の8年間を使用しました。

12月の降水量(降水量の月合計値)と気温(日平均気温の月平均値)を正規化してプロットしました。

降水量が多いほど気温が低い関係が見られます。


気温と患者さん数

横軸に気温、縦軸に患者さん数をプロットしてみました。

お天気=気温が高い→患者さんが増える、と考えましたが、気温による、相関は無いようです。


降水量と患者さん数

横軸に降水量、縦軸に患者さん数をプロットしてみました。

お天気=晴れ→患者さんが増える、
逆に
お天気が悪い=雨、雪(降水量が多い)→患者さんが減少する。。

お天気が良く、雨が少ないと、患者さんは増える傾向が見られ、経験と一致しました。


年末の窓ふき

●患者さんのお話や臨床経験から晴れのお天気だと、窓を拭く作業で痛める事が多いようです。

など、条件により、背部痛、肩こり、首、腕痛などの症状で来院されます。

高いところは、無理に背伸びせず、脚立を使うといいでしょう。


年末のすす払い

●地域的な特徴で、天井にベンガラ(朱色)を塗られている家が多くあります。ベンガラは、拭くことでつやが出るそうで年末に男の方が、力を込めて磨いたあとで、腰・肩・首の痛みで来院されます。

類似作業として、すす払いやくもの巣取りなど、上向き作業があります。
腰の動きが大きく、体重が右左に移動し、体勢も伸びきっているため、足や腰も痛めます。

なるべく、上向きの時間を短く心がけましょう。
カイロで健康 「カイロプラクティック」へもどります >>