bU091
【I S B N 】 978-4-480-42657-4
【 書 名 】 文壇栄華物語
【 著 者 】 大村彦次郎
【 版 型 】 ちくま文庫 お49-4

【 発 行 】 2009.12.10
【 価 格 】 \1,400
【 体 裁 】 [寸法] 14.9cm A6(文庫)判 [頁] 539p [重量] 275g

【発行社】 樺}摩書房
【 備 考 】『小説新潮』が創刊され「億劫帳」「贋作吾輩は猫である」「実説艸平記」「阿房列車」などを連載 ほかを所載
bO696
【I S B N 】 4-480-82339-5
【 書 名 】 文壇栄華物語―中間小説とその時代―
【 著 者 】 大村彦次郎
【 発 行 】 1998.12.5
【 価 格 】 \2,900
【 体 裁 】 [寸法] 19.5cm 四六判 [頁] 427p [重量] 550g

【発行社】 樺}摩書房
【 備 考 】『小説新潮』が創刊され「億劫帳」「贋作吾輩は猫である」「実説艸平記」「阿房列車」などを連載 ほかを所載
bS274
【I S B N 】 4-480-82345-X
【 書 名 】 文壇挽歌物語
【 著 者 】 大村彦次郎
【 発 行 】 2001.5.15
【 価 格 】 \2,900
【 体 裁 】 [寸法] 19.4cm 四六判 [頁] 485p [重量] 625g

【発行社】 樺}摩書房
【 備 考 】 古川ロッパ「百鬼園先生」を上演 『小説新潮』の「百關助M帖」が健筆 ほかを所載
bS590
【I S B N 】 4-480-81377-2
【 書 名 】 文壇うたかた物語
【 著 者 】 大村彦次郎
【 発 行 】 1995.5.25
【 価 格 】 \2,400
【 体 裁 】 [寸法] 19.4cm 四六判 [頁] 287p [重量] 410g

【発行社】 樺}摩書房
【 備 考 】
「怖い怖い編集者」(『阿房列車』に、お椀頭巾をかぶった椰子君こと『小説新潮』編集者・小林博) 「中間小説誌の氾濫」(小説新潮の売り物「百鬼園随筆」) ほかを所載 ほかを所載