bV082
【I S B N 】 1392-720240-6959
【 書 名 】 現代俳句歳時記 冬・新年の部
【 著 者 】 石田波郷
【 版 型 】 文庫版
【 発 行 】 1963.12.15
【 価 格 】 \700
【 体 裁 】 [寸法] 15.9cm A6判 [頁] 532p [重量] 370g
【発行社】 番町書房
【 備 考 】 元旦「元朝の薄日黄ろき大路かな」
      冬終わる「逝く冬や巌の陰に白き反古」
      霰「燈火の色変りけり霰打つ」
      海鼠「浪々と水湧き出でぬ海鼠切る
      漱石忌「漱石忌戻れば屋根の暗さかな」
      火事「火事を見て戻る道辺に犬居たり」
      弾初「弾初や琴爪遠き指の冷え」
  
  bV057
【I S B N 】 1392-720220-6959
【 書 名 】 現代俳句歳時記 夏の部
【 著 者 】 石田波郷
【 版 型 】 文庫版
【 発 行 】 1963.5.25
【 価 格 】 \650
【 体 裁 】 [寸法] 15.9cm A6判 [頁] 520p [重量] 350g
【発行社】 番町書房
【 備 考 】 短夜「明け易き枕辺の蟻潰しけり」
       夏柳「片町に桶屋並ぶや夏柳」
       柘榴の花「花柘榴大雨に明けて白き空」 ほかを所載
 
  bV083
【I S B N 】 1392-720210-6959
【 書 名 】 現代俳句歳時記 春の部
【 著 者 】 石田波郷
【 版 型 】 文庫版
【 発 行 】 1963.2.15
【 価 格 】 \600
【 体 裁 】 [寸法] 15.9cm A6判 [頁] 376p [重量] 275g
【発行社】 番町書房
【 備 考 】 立春「山鴉春立つ空に乱れ鳧」
      麗か「うららかや藪の向うの草の山」
      桜鯛「鯛網や浜街道は山に入り」
      薊「川鼠顔を干し居る薊かな」
  bV993
【I S B N 】 1392-720230-6959
【 書 名 】 現代俳句歳時記 秋の部
【 著 者 】 石田波郷
【 版 型 】 文庫版
【 発 行 】 1963.11.25
【 価 格 】 \650
【 体 裁 】 [寸法] 15.9cm A6判 [頁] 506p [重量] 360g
【発行社】 番町書房
【 備 考 】 秋の雲「虫柿の落ちてつぶれぬ秋の雲」
       野分「夕闇に馬光り居る野分哉」 ほかを所載