カイロで健康

足への衝撃力

足への衝撃力が、足首や膝を痛めることがありますので考察してみました。
コンクリートでは、足へ200KGオーバーの衝撃

体重60Kgの人が歩いた場合、土の上では、1.5倍の90kgが加わります。
コンクリートは土の上の2.5倍と言われ 225kg もの力が加わり、ドラム缶を受けているような状況だと考えられます。

この衝撃力で、足の関節・足首(足関節)・膝関節(腓骨もある)・股関節・仙腸関節(恥骨もある)・腰の骨(脊柱全体)で、痛みが出たり、変形してしまうと考えられます。

靴の中敷 のゴルフボール実験では、反発係数が土面相当は0.3、コンクリートでは0.85と2.8倍になりましたので、衝撃力の200Kgオーバーは、妥当な値だと考えられます。


●注意の必要な方
調理師さん
底の固い白長靴+打水で足の冷え+コンクリート床
美容師・理容師さん
タイル床+サンダル履き+冷房
ガードマンさん
長時間歩行+コンクリート床+底の固い靴
製造現場
安全靴+コンクリート床
お参り
石畳+草履+下り階段
ウォーキング
蓄積性疲労+舗装道路+軽い底薄い靴
高齢者
関節の衝撃吸収能力の低下
定年退職者
健康おたくにハマリやすい。
凝り性飽き性の人
やりすぎで蓄積性疲労

●対策、どうすれば良いのでしょうか

衝撃力は、考えるより体に負担になります。
関節はカイロでお手入れしましょう。

カイロで健康
「環境 足腰」へもどります