カイロで健康

カイロプラクティックレポート(メルマガ)

●「カイロプラクティック・オフィスレポート」は、メルマガとして毎水曜日発行しています。
■最近の臨床現場から、施療結果を報告しています。
今月の本も紹介しています。
▼日常生活のなかで、みなさまの健康に、 お役にたてれば幸いです。

●773号  2017年 8月02日 ・・・空き缶つぶし

■はじめに
60歳代、女性、主婦、年に数回来院
学校のボランテイアで、足で空き缶つぶしをして、帰ってから、腰と足が痛くてよくならない。

・症状と結果
足腰の筋肉が硬直しているので、低周波、マッスルテクニック使用。
左船長関節、腰椎1番、頸椎1番5番も調整。
筋肉がゆるんだら、足関節、膝関節の引っかかりがあり、調整。

・あとがき
帰りには、腰は大丈夫、足の痛みもほぼ改善していました。
暑さと、足への衝撃で、ダメージを受けたようです。
夏休みは、掃除やペンキ塗りなどボランテイア行事がありますので、無理せず、怪我せず、笑顔の作業ができますように、お祈りいたします。

■8月の本は、「フランダースの犬」
夏休みは、子供さんと親さんと、読めるように選びました。
アニメ絵本シリーズは、子供さんに、人気です。

■タカから
暑さで、ぎっくり腰や肩痛の回復が悪くなってきています。
回復に時間がかかる、良くなったと思ったら、また痛めてしまう。
痛い部位が良くなったら、他が痛くなってきた。など施療に気を遣い、回復が悪いことを話しています。

この時期は、筋肉を痛めないようにしましょう。

●772号  2017年 7月26日 ・・・膝の半月板

■はじめに
50歳代、男性、農業、年に数回来院
動噴(動力噴霧器)で肥料まきしていたら、膝が、がくっとなってから、内側が痛くて歩けない。

・症状と結果
膝の内側が膨れている、発熱はない。
膝の動きが引っかかっているので、半月板を調整。
ぐにゅっと動いた感覚から、腫れもひき膝の引っかかりもなくスムーズに動くようになった。
左仙腸関節、頸椎1番、胸椎3番、腰椎1番調整。両膝、足関節を調整。
帰りには、歩いても痛くない。

・あとがき
斜面で立っていた時に、がくっとなったそうです。
体重に加えて動噴は、エンジンと肥料で、重いです。
その加重が膝の内側に集中しズレが生じたと考えられます。
50歳からは、無理しないように話していました。

半月板のズレは、がくっと元に戻ると、楽になります。
膝や、あご(顎関節)の患者さんが、時々あります。
くせになりますので、気をつけるように話します。

■タカから、
梅雨明けから天気が悪いですね。
8月は、とりあえずお盆まで、暑さに負けないようにがんばりましょう。
ダイエットより、しっかり食べてパワーの温存ですね。

●771号  2017年 7月19日 ・・・人事異動

■はじめに
20歳代、男性、販売業
肩こり、頭痛、県外から人事異動で越してきた。
ホームページを見て来院。

・症状と結果
うつむき時、左足が10mm短い、左仙腸関節調整。
頸椎1番、7番のやや大きなズレを調整。

2回目7日後、頭痛、肩こりもなく、順調。
全体を調整して、施療完

・あとがき
次の予約は、入れませんでしたが、調子を見て、定期的に来院されるようになりました。
知らない土地の、検索は、インターネットですね。

ハローページは、なくなるようですね
当院でも、ハローページを見て来院されるのは、ほとんどありませんでしたから、数年前から太字拡大掲載は、やめていました。時代の流れを感じました。

■タカから、今週も暑さでしょう。
筋肉疲労からのぎっくり腰が続いています。
もんだり、温めたりしないように、動けなくなります。
痛い部位を中心に、冷たく感じるまで冷やしてください。

●770号  2017年 7月12日 ・・・普通のぎっくり腰

■はじめに
20歳代、男性、営業
前日からぎっくり腰で、仕事を休んでいたら、
家族から、行ってこいと言われて来院。
家族に送られて来院、ベットまで歩くのが、やっと。

・症状と結果
うつむき時、左足が7mm短い、左の腰が発熱、炎症している。
仙腸関節、腰椎4番を調整後、アイスパック、テーピング使用。

2回目、4日後、自分の運転で来院、歩行も大丈夫。
うつむき時、左足は3mm短い、炎症はおさまっている。全体を調整して、施療完!

・あとがき
職場で、若いのに、と言われていたようです。
ぎっくり腰は、年齢には関係なく20歳代でも多いです。

■hpは、「足長」をまとめてみました。
足底板など、使用した方がいい方は、ごく少数でしょうが、そのぶん、治らない腰痛、肩こり、頭痛などに困っていることが多いようです。
患者さんが気がついていないのに、触診で見つけることもあります。
また、逆に、足長の差を気にして来院される患者さんが、施療でさっとそろってしまうこともあります。

■タカから、
今週は、暑さで筋肉が限界にきているのでしょう。
部活や、室内の高温で作業していて足をひねった患者さんが続きました。
筋肉を痛めると、痛みが強いです。
さらに、暑さで回復が悪いです。

無理しなくても、痛める時期です、気をつけましょう。

●769号  2017年 7月05日 ・・・2次障害

■はじめに
10歳代、女性、学生さん、陸上選手
右足底筋膜炎と言われて、湿布とテーピングをして練習を1ヶ月休んでいるが、痛みが取れない。

・症状と結果
うつむき時、右足が5mm短い。
足底の筋群、ふくらはぎに、左より右が、やせている。
部位から考えると、テーピングによるやせがのようだ。
炎症や、触診、可動で痛みはない。
両仙腸関節、腰椎5番(やはり大きなずれ)腰椎1番から5番が全体的に、右に傾斜している。

2回目、6日後、陸上をしても違和感程度に改善。
足の筋肉も回復してきているので、全体を調整して施療完。

・あとがき
腰椎1番から5番の傾斜が気がかりでしたが、腰椎5番と仙腸関節を調整後、筋肉の緊張が取れ、調整しなくても戻っていきました。
やはり腰椎5番の影響で足が痛くなっていたと思われます。
さらにテーピングによる、2次障害が生じて筋肉も痛みが出ていたと思われます。

■タカから、
暑さ、湿気、夏ですね。
今週は、ぎっくり腰も一段落。気温上昇と共に筋肉が疲れ腰痛、肩首痛が増えてきますので、充電期間ですね。

7月は、暑さにまけず、元気にいきましょう。

カイロで健康 「はじめに」へ戻ります >>
©1998.TAKAYAMA