カイロで健康

カイロプラクティックレポート(メルマガ)

●「カイロプラクティック・オフィスレポート」は、メルマガとして毎水曜日発行しています。
■最近の臨床現場から、施療結果を報告しています。
今週のBGM今月の本・も紹介しています。
▼日常生活のなかで、みなさまの健康に、 お役にたてれば幸いです。

●754号  2017年 3月15日 ・・・スマホのゲーム

■はじめに
40歳代、女性、立ち仕事
2日前から右腰痛。繰り返している。

・症状と結果
うつむき時に右足が、10mm短い
右仙腸関節調整、アイスパック、テーピング使用。
頸椎1番が左に、大きなズレ

2回目、14日後、大雪で1回予約が空いてしまった。
腰はだいぶ、楽になった。頭痛はないが、肩こりが気になる。
うつむき時に右足は、5mm短い。右仙腸関節調整。
頸椎1番のズレ方向が右に変わっている、あわせて頸椎2番や5番のズレが診られたので、調整。

3回目、20日後、腰も肩首も楽になった。
うつむき時に両足がそろう。頸椎も大丈夫。
首や肩の動きもスムーズで、全体を調整して施療完。

・あとがき
2回目に頸椎のズレが、現れてきたのは、ずいぶん前から首が痛かったのが、回復していなかったようです。
スマホのゲームに夢中になり、首を痛めていたようです。

■タカから、
暖かい日に、ぎっくり腰が出だしたようです。
筋肉が、ゆるんできたようで、ねんざもしやすいです。
春休み、けがをしないように、気をつけましょう。

●753号  2017年 3月08日 ・・・80歳代

■はじめに
80歳代、男性、旧建築業
2週間前から右足が痛みがとれない
ウオーキングや、グランドゴルフにいけない
20年前に右足かかとを骨折している。

・症状と結果
うつむき時、右足が20mmも長い。
右仙腸関節、腰椎3番調整。高齢で筋肉の張りが少なく初回では、筋肉調整を、ごく軽めに施療。

2回目、4日後、動くときに右足が痛む。特に足の付け根。
うつむき時、右足は10mmまで長さが減少。
大腰筋、内転筋をソフトに施療していると、右足の付け根に強い拍動が感じられました。
左には、拍動が感じられず、鼡径動脈、腹大動脈に異常があるといけないので、それ以上は、筋肉調整はしませんでした。

お話ししていると、明日、血圧の薬をもらいに診察に行くようです。
先生に、足や腰の事を、診てもらってください。とお話しました。

3回目、10日後、少し気になる程度に、足は良くなった。
病院の先生は、大丈夫、関係ありませんと言われたそうです。
うつむき時、右足は5mmまで減少しており、深追いをせず、施療完としました。

・あとがき
2回目に、強い拍動を感じたときには、ドキッとしました。
過去に、腹大動脈瘤や鼠径動脈瘤の患者さんを思い出しました。
しかし、3回目には、拍動が減少していました。
また初回時には、拍動は感じていなかったので、2回目に筋肉が回復し弾性が戻って拍動を感じたのかもと思われます。
年齢的に、血管がもろくなっているのはたしかなので、無理せず安全策をとりました。

■タカから、
今週は、「久しぶり」な、患者さんが、気になりました。
病気で入院していた。海外へ仕事に行っていた。
出産で、実家に帰っていた。など続くときが、あるんですね。
精神的ストレスは、体にも出ます。
カイロでメンテナンスしましょう。

●752号  2017年 3月01日 ・・・出産後

■はじめに
30歳代、女性、事務仕事、産休中
出産後、肩こりと腰痛がひどい。家族の紹介で来院。

・症状と結果
うつむき時、右足が10mm長い、右仙腸関節を調整。
頸椎1番の大きなズレを調整。

2回目、4日後、腰も肩も楽になった。
うつむき時、右足は3mmに減少。
全体を調整、だっこするので、両手も調整。

・あとがき
やせ形の患者さんでしたし、年齢がありましたので、出産3ヶ月ではありますが、骨量が減少しているかも、と思い、調整は、なるべく力を使わない方法をとりました。

最近は、出産年齢が上がっているし、やせ形の人が多いし弱い力で調整する機会が増えました。
ちょっと前の、ボキボキ、バキバキのイメージは拭いたいですね。

■3月の本は、「ぼくはちっとも ねむくない」
クリス・ホートンさんの絵本、そろえてしまいました。
ちょっと暖かくなって眠くなる3月、読んでいってください。

■タカから、
2月は、早く過ぎた気がしますね。
子供たちは、50代世代より、結婚が遅くなってきましたね。
長男が30手前で、来月結婚式です。
ちょっと、肩の荷が下りますが、娘がまだですな。

3月は、暖かい日は、のんびりして、元気に行きましょう。

●751号  2017年 2月22日 ・・・シートヒーター

■はじめに
50歳代、女性、立ち仕事
腰痛、殿部痛で来院

・症状と結果
左仙腸関節のズレ。
臀部、股関節周辺が、水枕のような感触に浮腫している。
アイスパック、下肢の筋肉から臀部へ調整。
帰りは、足腰を動かさないと痛くない。

・あとがき
帰りに、筋肉が腫れているので、3日ほど痛みがあると
思いますので、温めたり、もんだりしないようにとお話しておきました。

4日後に来院、昨日まで痛みがあったのに、今日は全然大丈夫です。
帰って考えたのですが、髪を染めに行くのに1時間くらい車を運転したときに、シートヒーターが、熱いなと思いながら運転していたのが原因でしょうね。

前にも同じような症例がありましたので、やっぱりですね。
シートヒーターは、暖まったら、OFF。

■タカから、
今週は、気温の上下、雪かきのホッとした疲れでしょうか、首が回せない患者さんが、気になりました。
寒さももう少し、がんばりましょう。

50歳を過ぎて、老眼が気になってくるころ。
筋肉の代謝が減って来ているのでしょう。
例年より冷える気がします。
保温力のある肌着に替えて、トイレの回数も減って冷えていたんだな、50歳を実感しました。

●750号  2017年 2月15日 ・・・続・開脚体操

■はじめに
50歳代、女性、立ち仕事、年に1、2回来院。
テレビの開脚体操をがんばってしていたら、股関節が痛くなり
次に腰と背中が痛くなってきて、靴下が履けなくなってきた。

・症状と結果
定番の仙腸関節、梨状筋、内転筋を調整。
加えて、腰椎1番、5番の大きなズレを調整。
筋肉を調整して、帰りには、足腰も楽になり、足も上がる。

・あとがき
なぜ、腰椎が大きくずれたのか、お話ししていると。
前屈が、しにくく、自分でも硬いと自覚していました。
なんとか、曲げようと努力していました。
あまり曲がらないので、左右に曲げると少し曲がった感じがします。
そのため、左右にグイグイ曲げていたようです。
曲げる旋回力が腰椎1番5番に集中してかかってズレが生じたと考えられます。

■HPは、「続・開脚体操」まとめてみました。
体の硬いモデルが、役にたちました。

■タカから、
雪が降り続いて、雪かきの毎日でキャンセルも続きました。
雪道を無理して来院されて、悪くなってはいけませんから。
積ん読された本が、読めた、週でした。

●749号  2017年 2月08日 ・・・転換点

■はじめに
50歳代、女性、事務仕事。
慢性腰痛で、1週間前から痛みが強い。職場の紹介で来院。

・症状と結果
うつむき時、左足が20mm長い、左仙腸関節、腰椎4番調整。
腰部が発熱しているので、アイスパック、テーピング使用。
事務仕事なので、肩こりを診ると、頸椎5番の大きなズレがあり調整。

3日後、2回目、腰はずいぶん楽になった、右の肩こりがきつい。
うつむき時、右足が10mm長く、反転しているが、長さは半減している。
両仙腸関節を仙骨で調整。頸椎5番が、同じようにずれている。
それも、後ろから押されている前方変位。聞くと、低反発凹まくら。

9日後、3回目、腰は気にならない、肩と首が痛い。
ささっと、首を触診すると、同じ状況!、まくらを聞くと替えてない。
うつむき時、両足はそろう。頸椎1番、5番調整。

17日目、4回目、肩も首も楽になった。朝スムーズに起きられる。
全体を調整して、施療完!

・あとがき
ぎっくり腰のような状態で来院されたのに、途中から肩こりの施療になってしまった症例です。
3回目に、まくらを替えていません?とお話したときが、施療の転換点だったと思います。

寒い時期の低反発は、体温で温かくなるまで硬いです。
そのため首を前方に押して頸椎のずれや、首の筋肉の緊張が生じてしまいます。気をつけましょう。
参考にどうぞ、「まくら」

■タカから、
今週は、土日に患者さんが集中しました。
雪の影響もあったのでしょうが、受験や卒業、人事異動、いろいろな要因があったのでしょう。
いそがしいときこそ、睡眠は大切です。

●748号  2017年 2月01日 ・・・筋肉痛

■はじめに
60歳代、男性、数年来のおつきあい
雪道の運転で渋滞してから腰と、おしり、足が痛くて、腰をかがめないと歩けない。

・症状と結果
うつむき時右足が10mm短い、腰椎5番1番のずれ
足の筋肉が緊張、特に足の臀部、外側の腸脛靱帯。大腰筋も調整。
肩首、腕の筋肉も緊張している。
アイスパック、筋肉調整したが、帰りも痛みがひかない。
3日ほど、無理しないように、お話ししました。

2日目に電話、いつもは、明くる日に楽になるのだが、今回は、全然痛みが、ひかない、階段登るのも腰がのびない。もう一度診てほしい。と電話。明日の夕方に予約しました。

3日目、2回目、今日の朝から、うそのように全然痛くない。
普通の状態で来院。せっかく予約したので、もう一度診といてほしい。
全体を調整、世間話して施療完。

・あとがき
筋肉痛は、夜に回復させようと、体ががんばります。
強い痛みは、3日ほどかかります。
今回は、3日目の朝起きたら回復が完成していたのでしょう。
順調な回復が、「うそのように」と表現されてました。

早く良くしようとして、温める(お風呂や使い捨てカイロ、電気毛布にこたつ)、もむ(ジェットバス、マッサージ器、ツボ押し)体操(痛みをこらえる逆療法、腰痛体操)これで、回復が悪くなっている患者さんが、多いです。

■2月の本は、
「しーっ!ひみつのさくせん」です。
とり年にぴったりの内容。子供に読み聞かせるように、楽しんでいってください。

■タカから、今週は、
雪の渋滞で、数時間、車内にいたため腰痛。
凸凹道の運転で、肩・腕・首痛の患者さんが来院されました。
渋滞時は、時々、車から出て、体を動かしましょう。
凸凹道の運転後は、熱めのお風呂、冷湿布で、筋肉痛を防ぎましょう。
寒い2月を、元気にいきましょう。

カイロで健康 「はじめに」へ戻ります >>
©1998.TAKAYAMA