委員会

ホーム > 委員会

総務広報委員会

専務理事 吉仲 正和
委員長 内山 峻吾
副委員長 三崎 洋一
木元 順次 小南 久也
中井 政誌

委員会方針

マスメディアを活用した広報を取り入れ、まちづくりに取り組むメンバーの姿と組織の魅力を幅広く発信することで、より多くの方々に我々の運動に対する理解を深めて頂けるよう、組織の広告塔として活動します。

そして、組織の要である自覚と責任感をもって、主体的に活動、運動に取り組むことで自らの成長につながると確信し邁進する。

委員会事業計画

  • 総会、理事会の設営、運営に関する事
  • 褒賞、表彰に関する事
  • 会員資格の管理に関する事
  • 事業計画書、事業報告書、収支予算書、決算報告書の作成に関する事
  • 定款諸規定に関する事
  • 青年会議所の対外的PR に関する事
  • パブリシティーの管理に関する事
  • 青年会議所の記録及び管理に関する事
  • 例会に関する事
  • 本入会に関する事
  • その他委員会に属さない事項
  • 会員拡大に関する事

例会委員会

副理事長 井戸田恭行
委員長 鈴木 昂
副委員長 中澤 彰仁
市田 琢実 井之口哲也
太田 昌宏 福島 靖子

委員会方針

当委員会が実施する例会では、青年経済人としての資質向上へと繋がるための知識を獲得し、実践に役立つ効果的な学びがあり、栗東(まち)の将来を牽引することのできるリーダーとして成長できる機会を創る。

また、例会に全メンバーが積極的に参加したくなるよう、規律があり、切磋琢磨できる場の実現を委員会一丸となって目指す。

委員会事業計画

  • 例会の企画と実施に関する事
  • 例会の運営に関する事
  • 会員個々の資質向上に関する事
  • 青年経済人として実践に役立つ例会に関する事
  • 例会への出席意欲の高揚に関する事
  • その他例会に関する事
  • 会員拡大に関する事

まちづくり委員会

副理事長 山元 貴弘
委員長 片岡 勝哉
副委員長 三田村 愛
安孫子佳典 今村 俊輔
北村 仁志 清水 厚芳

委員会方針

当委員会は、わがまちの持つ強みと抱える課題を未来を担うべき人材と共有し、栗東市が、若い世代が安心して働き、子育てができ、子どもたちも安心して共に学び育つことができるまちになるための一助となる事業を企画運営していく事で、コミュニティーの利益である公益に積極的に参画しようとする市民意識の醸成を図るとともに市民と市民を結びつけるための架け橋となります。

また、青少年育成事業については、まちの未来を担う子どもたちの、自ら主体的に行動する力を育む事業を開催するだけでなく、事業自体の今後のあり方についても研究をおこないます。

委員会事業計画

  • Arch Joint Vision2015に基づくまちづくり事業の開催に関する事
  • Arch Joint Vision2015に基づく青少年育成事業の開催に関する事
  • Arch Joint Vision2015に基づく協力者及び関係諸団体との連携強化に関する事
  • 例会に関する事
  • 会員拡大に関する事

会員交流委員会

副理事長 山元 一平
委員長 田井中克也
副委員長 松尾 芳
宇野 祐介 大泉 健
山元 一也 脇尾 彰人

委員会方針

新たな仲間と出会い温かく迎え入れる雰囲気を創り、組織の魅力と共に規律や学びを感じて頂く。

お互いを心からねぎらう温かい場を創る為に委員会メンバーそれぞれの個性を活かし取り組むことで全体を盛り上げ巻き込み、すべてのメンバーの活動・運動への参加意欲の向上を育み主体的に行動を起こす事で個々の成長となるよう委員会が一丸となって邁進する。

委員会事業計画

  • 会員相互の親睦に関する事
  • 各種研修への参加奨励に関する事
  • 新入会員セミナーに関する事
  • 例会に関する事
  • 出向者支援に関する事
  • 会員拡大に関する事

会員拡大特別委員会

委員長 山元 一平
副委員長 川村紘一郎
木元 順次 福島 靖子
三田村 愛 山元 一也

委員会方針

メンバーに向けて積極的に情報を求め、我々委員会が新たな同志に対して足繁く訪問を行い、仲間と共にまちのために貢献し自らも成長できる青年会議所運動の魅力を伝えて入会に結びつける。

そして委員会が率先して行動する姿勢を見せ続けメンバー全員を拡大運動に巻き込み、我が事として積極的に取り組んでもらい、目指すべき目標であるメンバー30%拡大を達成する。

委員会事業計画

  • 会員拡大に関する事
  • 仮入会員の配属及び育成に関する事
  • 会員の拡大への意識啓蒙に関する事
  • 例会に関する事