カイロで健康

クラッキング音

関節で鳴るポキポキ音の事です
クラッキング音を、デジタル録音して
タイムドメインと周波数ドメイン(FFT)にしてみました。
(クラッキング音は、30才代 男性 左手 第2中手指関節の屈曲時のデータを使用。)
クラッキング音は、10mm秒以内の振動減衰波形をしていました。
硬い物をハンマリング等で振動させ、振動を減衰させる様な構造が考えられます。
参考:アクチベーターの音は、5mm秒以内です。


クラッキング音の立ち上がり特性を見てみました。

立ち上がりはほとんどが+側で(+側が負圧になる)した。
これは最初の音が負圧から始まっている。(皮膚面が凹む)
タイムドメイン
縦軸 0.5v/div
横軸0.01秒/div
時間軸
6KHzから減衰しており高音域まで伸びていない。

主なエネルギーは10KHz以内であり、キャビテーションの分布とやや異なる。
(キャビテーションは、高域までエネルギーが伸びている。)

2KHz近辺に一次ピークが発生している。

周波数ドメイン
縦軸10db/div
横軸5KHz/div
fft
●現在のクラッキング音の定義
関節くう内では、負の内圧が維持されている。
関節が急激に引き伸ばされると、負の内圧がさらに下がります。
滑液中に溶解している各種物質が、瞬間的に気化し気泡を生じる。
(キャビテーションと言われている)
(ガスは二酸化炭素とも窒素とも言われている)
さらに滑液が低圧域に流れ込み気泡がはじける。
この気泡が破壊される音がクラッキング音といわれています。

はじめに・P1P2P3