カイロで健康

カイロプラクティック・オフィス・レポート

2016年
5月
●716号 5月25日 コルセットぉ
●715号 5月18日 脇まくら
●714号 5月11日 めがね型座布団

●716号  2016年 5月25日 ・・・コルセットぉ

■はじめに
50歳代、男性、2T車運転
慢性の腰痛で朝一起きれない、3ヶ月前から右足がしびれてきた。
接骨院に通っているが、良くならない。
奥さんがHPを見つけて、休日見てくれるので電話予約。
ご主人は、シブシブ、お試し程度で来院。

・症状と結果
問診で、朝一起きれない事から、床で寝ていることが判明。
触診時に、コルセットを使用していますね、とお話しすると。
コルセットに、やたら反応してきました。
どうも、コルセットは腰に良いもんだと、何個も持っており仕事には、必ず巻いていっているそうです。

初回は、左仙腸関節、腰椎5番、1番(このズレが大きい)
頚椎2番、大腰筋を調整。

2回目、6日後、畳で寝るようになって、朝は楽に起きられる。
仕事で、夕方になると腰が痛む。足のしびれは気にならない。
左仙腸関節、腰椎5番、3番(増えてしまった)1番調整。
大腰筋、梨状筋も調整。

3回目、13日目、仕事をしていても大丈夫。楽になった。
全体を調整して施療完。

・あとがき
初検時は、まったくお試し感覚。お試し価格はないのか状態。
問診、触診とすすむと、態度が変わってきました。
聞いてもないのに、コルセットを当てられて信頼を得ました。
施療は、体格がしっかりしていてスムーズな回復でした。
3回目の帰りにも、「コルセットが悪かったとは、はぁぁ〜」といって帰られた症例です。

■タカから、
もう夏が、きたー、毎日ですね。
天気予報で水分補給を言われるのが、効いているのでしょう、患者さんの筋肉が脱水かな、と感じることが少なくなりました。
しかし、緑茶をガブガブ飲んで水分補給している患者さんは、います。
高齢者で健康に気を使っている人が、健康には緑茶と飲んでいるようです。

最低気温も上がり、暑さは、体にジワジワきますので、暑いときは、休みを多くするように気をつけましょう。

●715号  2016年 5月18日 ・・・脇まくら

■はじめに
40歳代、男性、立ち仕事、年に数回来院
背中と肩首が痛くて、来院

・症状と結果
背中に腫れがある。特に肋椎関節のズレと周辺が腫れている
胸椎3番7番、肋椎関節を合わせて調整。頚椎2番5番も調整。
肋間筋など胸部の筋肉、腕も調整。
帰りには、痛みも無く、息も楽になった。

・あとがき
テレビを見るのに横になって肘をついて見ていました。
脇に座布団を折り曲げてまくらにしたら楽なのでそのまま寝てしまい起きたら、背中と肩首が痛くて首が動かない、息がしにくく、少し経ってマシになったがすっきりしなくて来院されたそうです。

■HPは、「脇まくら」にしてみました。
ついつい、使ってしまいそうです。

■タカから、
今週は、日中暑かったり、朝方冷えたり、風が荒い日がありました。
連休の疲れも出て、肩腰、全体が不調の患者さんが続きました。
1年で5月は、患者さんが多い月です。
良い季候ですが、体は夏に向けて頑張っています。
疲れたら、寝るのが一番です。

●714号  2016年 5月11日 ・・・めがね型座布団

■はじめに
50歳代、女性、主婦
慢性の左腰痛、肩首痛
鍼、マッサージ、整体に通っていたが、その時楽になるが、また元に戻る。友人の紹介で来院。

・症状と結果
うつむき時、左足が5mm短い、左仙腸関節調整。
腰椎5番、3番、股関節の緊張
胸椎5番これが前方変移、頚椎2番も大きなズレ

2日目、5日後、肩首は楽になった。腰は、少し楽になった。
初診と同じように、うつむき時、左足が5mm短い。
腰椎5番、3番も同じようにズレているし。股関節も緊張している。
初検で、「元に戻る」のは、やはり、環境が影響している。
お話ししていると、回転食卓椅子。めがね型座布団を使用している。

3回目、13日目、腰も楽になった。
両足がそろい、腰椎のズレも、3番がわずかなズレに改善。
腰椎3番、全体を調整して施療完。

・あとがき
初検時に、「元に戻る」と言われていたので、環境ではないかと考えていましたが、1回様子をみました。
2回目には、確信をもってお話しできました。
過去に子宮筋腫の手術があるので、腰痛は良くならない、上手につきあって行きなさいと言われたそうで、腰痛グッズなど使い、半ばあきらめていたようです。

めがね型座布団は、最近、時々見受けられます。
股関節がねじられて、お尻や、足がだるいなどの症状が出ることがあるようです。

■タカから、
月曜から始まってますので、疲れたときの急な動きに気をつけましよう。
ぼちぼち、エンジンかけて行きましょう。

カイロで健康 「はじめに」へ戻ります >>
©1998.TAKAYAMA