止揚学園の歩み


 琵琶湖の東、人口約二万人余りの小さな町、滋賀県東近江市佐野町に、止揚学園はあります。よく晴れた日に裏の山に登ると、水をたたえた琵琶湖がキラキラと輝いて横たわり、広大な近江平野に古い家並みを残す近江八幡や五個荘といった近江商人発祥の地、そして安土の町が望めます。 

みんなが生活する建物、本館と新館(おがたホール)です

 「止揚」とは、哲学用語で、「アウフヘーベン」というドイツ語を訳したものです。ふたつの全く異なったものが激しくぶつかり合ってつぶれ、その中から今までとは違う、新しいひとつの統合体が生まれてくるという意味があります。知能に重い障がいをもった子どもたちと、障がいをもたない私たちとがぶつかり合い、今までになかった新しい生き方が生まれる場にしたいと願い、止揚学園と名付けました。
 

止揚学園創立当時の福井

 止揚学園設立の頃、障がい児といっても多くの人は関心を示さず、国の取り組みも貧困でした。 そんな時に、福井 達雨(止揚学園リーダー)は4人の知能に重い障がいをもった子どもたちと出会いました。
 その中の1人は牛を飼わなくなった小屋の土間に掘った穴の中に入れられていました。
 「何て、ひどいことをしているんや」たまらなくなって怒鳴りつける福井に母親は、涙を流しながら訴えました。
 「怒りを感じられるのは当然と思います。でも、この子を外に出すと、皆がからかったり、石を投げたりします。車の前に走っていっても、誰も止めてくれません。この穴の中に入れている時だけがこの子の生命を守れるのです」 それを聞き、(この子を穴の中に入れざるをえないように母親を追いつめたのは、心の冷たい日本人なんや。その日本人の中に私もいた。私もこの子どもを穴の中に入れた1人なんや)と、福井はドキンとしました。そして母親に必死になって謝りました。
                             
 こうして、1962年差別をしてきた私たちが差別をされた人たちに謝ろうと止揚学園が生まれました。
 施設をつくる時、ほとんどが「可哀想な障がい児の天国をつくってやる」と、優越感の中で慈善事業を行い自己満足をします。
 しかし、「差別をした私たちが謝りつつ、障害をもった人たちと歩む」という考えもあります。
 止揚学園はこの子どもたちを1人の人間として存在を認めるだけでなく、社会の中で、全ての人間の輪の中で、共に生きる世界が生まれることが大切だと考えます。だから、人里離れた山の中ではなく、皆がいつも行き来出来るような場所に、そして、どなたかが訪ねて下さったり、私たちもどんどん、いろいろな場所に、出掛けて行けるよな所に建てられました。

40年前のかわいかったころ?のみんな。

 さて、福井と4人の子どもたちとで始まった止揚学園の歩みも今年で53年目になりました。
 6才、7才の小さかった子どもたちも50才、60才になる人たちが多くなりました。38人の障がいをもった人たちと、ほぼ同数の障がいをもたない者、その子どもたちや、両親あわせて100人余り、みんながひとつの大きな家族として、互いに愛し合い共に生きています。
 血のつながりのある家族でなく、他人が集って心を寄せ合い、信頼の絆で結ばれて生きていく、そこに真の家族の姿があるのではないかと教えられるこのごろです。

 先日も、こんなことがありました。食事をしながら楽しく話しをしていますと、「平和ってどういうこと?」と、誰かが急に難しい質問をしました。一瞬、皆が困ったような顔をし、その場がシーンと静まりかえってしまいました。その時、克子さんがニコニコ笑いながら大きな声で言いました。「わたし、しってる、みんな一緒に、ご飯を食べることや」その答えに私たちはおどろき、そして、心がワクワクしてきました。平和とは女も男も、老人も若者も、障がいをもった者も、もたない者も、いろいろな国の人たちも、皆がひとつのテーブルに座って共に食事をすること、何とすばらしい発想でしょう。何と豊かな心でしょう。もし、本当にそのような社会が生まれるなら、全ての人間が共に生き、笑顔がみちあふれるにちがいありません。しかし、現実にはこの人たちをとりまく差別は大きく、その中で、この人たちのもっている苦悩ははかり知れないものがあります。            

琵琶湖畔での楽しいひとときです。 スーパーで買い物。     
 

 聖書に「私たちは見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである」(コリント人への第二の手紙第4章18節)とあります。
 見えるものは合理的で理解しやすく、楽に受け取れ、スピード速く進んでいくことができます。しかし、見えないもの(例えば生命、それは地球より重たいものだと言われています。)を担げば、重くて足がヨロヨロし、現代の進む速さについていけなくなります。そして、多くの人たちから取り残され、孤独にさせられてしまいます。これが恐ろしいので、私たちは見えないものを無視して、見えるものに従ってしまいます。その中で重い障がいをもった人たちの苦しみは、どんどん深まっていくのです。 

 しかし、長い人間の歴史を顧みるとき、目に見える強さと力を誇り、見えないものを豊にもっている人、弱い者と呼ばれている人々を切り捨てていった社会は、あの古代ギリシャの都市国家、スパルタがそうであったように、いつかは滅びに入ってしまいます。

 だから今、私たちに必要なことは、見えないものを見つめ、1人の不幸は総ての不幸だと考える豊かさをもち、そして、この合理社会の中で、立ち止まる勇気と、決断をもつことではないでしょうか。
 「平和とは、みんな一緒に、ごはんを食べることや」という言葉の中にこめられた思いが、いつまでもいつまでも心にひびいてきます。            

♪ 愛それは行動です ♪
愛、それはことばでなく、汗を流すこと
愛、それはことばでなく、信じあうこと
すべての喜びを共に分け合い
悲しみ苦しみを共に歩むこと・・・

 これは、止揚学園で生まれた手作りの歌です。この詩にあるように、「愛、それはきれいな言葉ではなく、祈りから生まれる、温かくて美しい行動です」 そんな思いをもちつづけ、53年間を歩んできました。「愛」というと、私たちは男女の愛や、親子の愛というものをすぐ思い浮かべます。しかし、これは、「愛情」というべきで、人間が作り出すものですから、自分が得をする時には大きく燃えますが、自分が損をする時にはしぼみ、あるいは消えてしまいます。
 しかし、「愛」は、自分の一番大切なものを人に分け与えるもので、自分が損をする時、大きな花が咲き、その中で他者も自分も潤されるものです。

 知能に障がいをもった人々と共に生きてきて、すごいと思うことが1つあります。それは、自分が損をすることができ、自分の一番大切なものを他者に捧げることができるということです。人間ですから、誰でも長所や短所、いろいろなものがありますが、いざというときにとれる、その愛の行動に接した時、私たちは心にあついもの、生きる力をもたされます。

 さて、止揚学園にはこうした生活の中から生まれた手作りの歌が400曲以上あり、嬉しい時、悲しい時、苦しい時、楽しい時、いつも大きな声で歌っています。

 又、「夢の家」という小さなギャラリーには、皆で創ったはり絵や染め物、絵画がたくさん飾られています。

         布の貼り絵を製作中・・・。