www.ElvisWorld-Japan.com

(Compiled by Haruo Hirose)
www.ElvisWorld-Japan.com

The Searcher (3-CD Deluxe)

US盤 発売中
日本盤[限定] 5/9発売予定
The Complete 50's Movie Masters
(5-CD + Book)

UK盤 5/4発売予定

www.ElvisWorld-Japan.com


(Mar. 8, 2018)

<エルヴィス関連TV番組のお知らせ>

サワコの朝
 TBS系 3月10日(土)朝7時30分 ゲスト、梶芽衣子

 「記憶の中で今もきらめく曲」は、 エルビス・プレスリーの 『ラブミー・テンダー』。 初めてのお小遣いで 買ったレコードが この曲だったそうです。 当時の思い出とともに 曲の魅力を 語っていただきます。



(Mar. 2, 2018)

Elvis Presley: The Searcher Official Trailer



(Feb.10, 2018)

エルヴィス・プレスリーの 3枚組サウンドトラックがリリースへ

 エルヴィス・プレスリーを特集したドキュメンタリー番組 『エルヴィス・プレスリー:ザ・サーチャー』の 3枚組サウンドトラックが 4月6日にリリースされる。 CDには HBO放送の2編に渡る 同番組が 収録されている他、 プレスリーによる 37曲や 故トム・ぺティによる トム・ぺティ&ザ・ハートブレイカーズ版 『さらばふるさと』などが 含まれる。 さらには、 同番組のために パール・ジャムのギタリスト、 マイク・マクレディが制作した オリジナル曲も 収録されるという。

 今回のCDについて、 同番組のトム・ジミー監督は 「このサウンドトラックの構想は 初めから私の頭の中に あったものです。 ただ映像を撮るだけではなく、 視聴者のために 私が音楽コレクションを 集めることを 考えていました。 映像体験を 完遂したい方々のためにです。 ありがたいことに、 ソニーに勤める友人らが 手助けしてくれ、 『サーチャー』チームによって 今回のコレクションが 制作される運びとなりました。 私にとって 映画の一部といえる コレクションです」 と語っている。

 同番組は4月14日に アメリカで初放送される予定で、 レアな記録映像を含め、 レンズを通して プレスリーのキャリアと 人生を覗き、 その複雑さの中に ミュージシャンとしての 一つのビジョンを 探索することが ねらいとなっている。

 一方、 ソニーミュージックの レガシー・レコーディングと RCAレコードによって発売される 3枚組CDには、 レアな写真や ウォーレン・ゼインズによる ライナーノーツ、 そして 監督のジミーによる メモが掲載された 40ページに及ぶ 付属ブックレットも 含まれる予定だ。



(Jan. 9, 2018)

Elvis Birthday Proclamation Ceremony 2018

現地時間 1月8日9時30分より行われた "エルヴィス誕生日宣誓式典" の模様。



(Dec. 4, 2017)

Britney Spears sings "Can't Help Falling In Love"

マドンナ、ブリトニーの誕生日をヒット曲で祝福  ブリちゃんもお返しで プレスリー熱唱

Britney Spears' Instagram



(Dec. 1, 2017) (Nov.30, 2017)

<エルヴィス関連TV番組のお知らせ>

カラーでよみがえるアメリカ「1950年代」
 12月7日の深夜、NHK BS1から放送される 世界のドキュメンタリー、カラーでよみがえるアメリカ「1950年代」 に エルヴィスの映像が 約2分間出てきます。 古いモノクロのフィルムを カラー着色 してあるのですが、 1956年のテュペロ公演の 映像以外は全て、ガッカリものです。
NHK BS1 「カラーでよみがえるアメリカ」(2017年制作)
 2017.12.04(月) 24:00〜 1920年代
 2017.12.05(火) 24:00〜 1930年代
 2017.12.06(水) 24:00〜 1940年代
 2017.12.07(木) 24:00〜 1950年代 (エルヴィス)
 2017.12.08(金) 24:00〜 1960年代

映像の世紀プレミアム第4集「英雄たちの栄光と悲劇」
NHK BS1  2017.12.07(木) 9:00〜
 番組中のモハメド・アリの部分で、 エルヴィスがアリに ガウンを贈ったエピソードが 紹介されます。



(Nov.26, 2017)

Christmas With Elvis And the RPO



(Nov.22, 2017)

Madonna sings "Can't Help Falling In Love"

こいつは偽者だろうと思ったら、 この映像の出所が マドンナ本人のインスタグラムで、 11月20日に アップされたものでした。
Madonna's Instagram



(Nov.21, 2017)

SUNTORY ローラ 新CMに偽プレスリー

ジムビーム新CMにローラ、 米パワースポットに プレスリー

本物を使って欲しかった。



(Nov.17, 2017)

Graceland Lighting Ceremony 2017

現地時間 11月16日18時より行われた "Graceland Lighting Ceremony 2017"。 今年は有名ゲストを 呼ぶことも無く、 ひっそりと 行われました。



(Nov. 1, 2017)

フィギュア・スケート、グランプリ・シリーズ 2017

Nicolas Nadeau (FS) ニコラ・ナドゥ (カナダ) 10/28 カナダ大会
Also Sprach Zarathustra - That's All Right - Bridge Over Troubled Water - Blue Suede Shoes

Mikhail Kolyada (FS) ミカイル・コリアダ (ロシア) 10/21 ロシア大会
Steamroller Blues - Can't Help Falling In Love - Rip It Up



(Oct.25, 2017)

Suspicious Minds - Can't Help Falling In Love (1970.08.13.MS)

 断片的に出ていた1970年8月13日MSの "Suspicious Minds" の映像をまとめました。 オープニング・ナイトでは "Suspicious Minds" を歌ってないので、 このフリンジ・ジャンプスーツ姿での "Suspicious Minds" は貴重です。 音は他のショーから 適当に合わせました。 "That's All Right" は、オープニング・ナイトの バンド・メンバーの衣装が ブラックなのに対し、 この時はホワイトです。

That's All Right - I Got A Woman (1970.08.13.MS)



(Oct.17, 2017)

このところ元気になったリサと、 映画に引っ張りだこのライリー、 9才になった双子の娘。



(Oct.10, 2017)

<エルヴィス関連TV番組のお知らせ>

ベストヒットUSA

2017.10.11(水) BS朝日, 11:30pm〜11:54pm
エルヴィス・プレスリー特集 2017 (VJ:小林克也)



(Aug.25, 2017) (Aug.23, 2017) (Aug.21, 2017) (Aug.19, 2017)

Elvis Presley in Hawaii, 1972 (4)

  Burning Love
  What Now My Love
  Fever
  You Gave Me A Mountain
  A Big Hunk O' Love
  Can't Help Falling In Love

Elvis Presley in Hawaii, 1972 (3)

  I'll Remember You
  How Great Thou Art
  Suspicious Minds
  Introductions
  For the Good Times

Elvis Presley in Hawaii, 1972 (2)

  Love Me - All Shook Up
  Heartbreak Hotel
  Blue Suede Shoes
  One Night - Don't Be Cruel
  Love Me Tender
  Little Sister - Get Back
  Hound Dog

Elvis Presley in Hawaii, 1972 (1)

  See See Rider
  I Got A Woman
  Until It's Time For You To Go
  You Don't Have To Say You Love Me
  Polk Salad Annie



(Aug.18, 2017)

Elvis Presley - A Boy From Tupelo: A Short Film



(Aug.18, 2017)

<エルヴィス関連TV番組のお知らせ>

エルビスの大地 NHK(初回放送:1997年)

2017.08.24(木)  NHK-BS3, 9:00〜10:20
2017.08.25(金)  NHK-BS3, 1:45〜 3:05



(Aug.16, 2017)

キャンドルライト・ヴィジルの生中継は 9時55分頃に始まり、 12時半頃に終わりました。 1:17:02〜1:18:05 辺りに 湯川さんが写ってます。

Candlelight Vigil 2017



(Aug.16, 2017)

プレスリー没後40年。Spotifyで最も再生された曲は「Can’t Help Falling in Love」

 音楽配信サービスの「Spotify」は、 2017年8月16日に没後40年を迎える “キング・オブ・ロックンロール” エルヴィス・プレスリーの 音楽再生に関するデータを 発表した。 Spotify上で 累計10億回以上再生された エルヴィス楽曲のうち、 世界のSpotifyユーザーに 最も聴かれた楽曲は 「Can’t Help Falling in Love」 (再生回数 9,000万回以上) で、 次いで 「Suspicious Minds」 (同6,900万回以上)、 「Jailhouse Rock」 (同6,800万回以上) となっている。

 なお、エルヴィスの楽曲が最も聴かれている国は 故郷のアメリカではなく、 スウェーデン、 イギリス、 チリ、 アイスランド、 オランダの順。 都市別では、 再生回数上位5都市のうち 3都市がイギリス (グラスゴー、 マンチェスター、 バーニンガム) となっている。

 日本で再生されたエルヴィス・プレスリーの楽曲の順位は、 1位が 「Can't Help Falling in Love」、 2位が 「Blue Christmas」、 3位が 「A Little Less Conversation - JXL Radio Edit Remix」。

世界で最も再生されたエルヴィス・プレスリーの楽曲

  1. Can't Help Falling in Love
  2. Suspicious Minds
  3. Jailhouse Rock
  4. Blue Christmas
  5. In the Ghetto
  6. A Little Less Conversation - JXL Radio Edit Remix
  7. Hound Dog
  8. Always On My Mind
  9. Burning Love
  10. Heartbreak Hotel
  11. Don't Be Cruel
  12. Blue Suede Shoes
  13. All Shook Up
  14. Devil In Disguise
  15. Love Me Tender
  16. Viva Las Vegas
  17. Are You Lonesome Tonight
  18. It's Now or Never
  19. Return to Sender
  20. That's All Right
AV Watch,臼田勤哉



(Aug.16, 2017)

6月5日、オランダのTVクルーの取材を受けた湯川れい子さん。



(Aug. 3, 2017)

田村氏発行、"EIGHT STAR, Vol.90" より抜粋

 なんと言う日だ。5月29日午後3時20分、 湯川から電話があった。 続いて、3時47分、 フラメンコ・ダンサーの 長嶺ヤス子さんからも電話。 二人は中学・高校の同窓生。 共に81歳で 今も現役で活躍。 二人の用件は まったく違ったけれど、 少なくとも 81歳までは元気でいられることを 示唆させられているかの 共時性だった。

 湯川の用件は超感動! 信じられない話だった。 まるでマジカル・ミステリー。
 あり得ない写真が手に入って、 「そこに写るあなたの笑顔が とても素敵だから、 送りました」 というものだった。 「何、その写真?」って私。

 あのエルヴィスに楽屋で会った時に撮られた写真が、 ネット・オークションに出ていて、 大津市に在住のHさんが 見つけて落札され、 その写真を 湯川に送って下さった というのだ。
「あの写真は、一緒に行った木崎さんが 撮ったんじゃなかったの?」
「違うわよ。エルヴィス専属のカメラマンだったのよ。 そのカメラマンが、 ネット・オークションに 出したらしいの」
「それを見つけた人がいたって言うの?  日本人で?  奇跡的じゃない!」
「そうなのよ、その中の一枚の写真、 あなたの笑顔が良いから、 送っておきます」
 どんな笑顔かは分からなかった。

 実は去年、腰痛を改善する為に、 山蔭神道の節分祭の折に授与された 守護の木札を 腰に入れた写真を 2月に発行した 88号天声私語に掲載した。 この写真を見れば、 この年に 何か起こったかを思い出せる、 この年のベスト・ショット として発表した。 「毎年、ベスト・ショットとして 写真を積み重ねていったら 一生が一瞬で思い出せるね」 って、 「毎年 ベスト・ショットを 飾りましょう」、 なんて 書いたばかりだった。
 そんな時にやってきた今回の情報は、 写真を見る前から分かった。 それは、 吾が人生のたった一刻だったけれども、 ベストを越えた エクセレント・ショット。 それが来たらしい。
 1973年8月10日。その日の午後、 結婚式を挙げて、 夜にステージ前のエルヴィスに 会うという 夢が叶った日、 吾が人生で これ以上ない 最良の写真だからね。 しかも、 笑顔が素敵と 湯川が褒めてくれた一枚。

 届きました。 30日午前10時半過ぎ。 湯川の一言が添えられていました。
「今だからこそ、 こんな写真貰っても 喜んで人に見せられるし、 飾って置けるし……。 良かったね!  神様は全部ちゃんと 見てくださっているのネ! エルヴィスにも感謝です」 有り難う御座います。
 写真は、すでに湯川側の情報として世に出ている 三人のショット。 最近では、 右側に立つ私がカットされた エルヴィスと湯川の ツー・ショット。 そのオリジナルの 連続写真の中の一枚が、 右側にいる私が微笑んでる。 こんな一枚、 あることさえ知らなかった。 微笑んでる…w!!
 それを見たスタッフの一人が 「心ちゃんがそっくり」って。 俳優志願の息子のこと。 人の見る目には、 そんな感じが優先するんだ って思いながら、 心の内では 結婚までの吾が人生が 一瞬にして蘇った。 特に、 女性と関わる吾が人生が……。

 (中略)

 そして10年後の32歳の時、 その牙城を崩したのが、 湯川だった。 エルヴィスのハワイ公演・ 宇宙中継・ 放映録画のビデオ・テープと ビデオ・コーダー販売を経て 交際するようになり、 プロポーズをされた。 しかし、私も生意気盛り、 「君は、外を連れて歩くには良いけど、 家庭の人じゃないから……」 と断った。 だが、 交際は彼女の仲間たちと一緒に 結構深まっていった。 音楽評論家たちの前で ギターの弾き語りなどして 度々楽しんだりもした。 そんな時に、 妹の一家が親父・お袋を招いて 食事会を開いてくれた。 何と、両親が 湯川を気に入ってベタボメ。
 それでもその後、2度目のプロポーズをされた時には、 断り文句のつもりで、 「俺、喘息があるから、 結婚できない」 って初告白。 湯川曰く、 「そんなの治してあげるわよ」。
 ずっと気にしていた吾が負の心を受け入れてくれたのだ。 だが、それでもOKせず、 時はちょっと進んでの 3回目のプロポーズ。 これなら文句なくギブアップするだろう、 と思って言った 断り文句の一言が、 「エルヴィスに 会わせてくれるなら……」 だった。 さすがに出来るとは思わなかった。 しかし、彼女は実行した。 条件を呑まれたら、 もう断る路が閉ざされての ラス・ヴェガス行き……。

 午後に教会で式をして、 夜のステージ前の楽屋に行った時の写真が、 まさかの道筋で届いた、 というわけである。 湯川はその後、 教会で出された結婚証明書に サインをおねだりして、 結婚の証人に なってもらっただけでなく、 キスまでしてもらう、 というオマケまで付いた。 (オレモシテモライタカッタ!!)
 私にとっては、正真正銘の 人生のベスト・ショットを越えた エクセレント・ショット。 二つの願いが 一気に叶って 一つになった時の感無量の、 少し控え気味に 二人の後ろで微笑む 一枚なのである。 この写真、幻ではなく、 存在すら知らなかった 一枚なのである。
 因みにエルヴィスが右手に持っているのは、 ハワイ公演のレコードが 日本で25万枚売れた 記念のゴールド・ディスク。 これを届けるという理由での 面会だった、 と後から聞いた。

 (以下、省略)


www.ElvisWorld-Japan.com

Go to: Previous Elvis News (Jan.-July 2017)
Go to: Previous Elvis News (Aug.-Dec. 2016)
Go to: Previous Elvis News (Jan.-July 2016)
Go to: Previous Elvis News (Nov.-Dec. 2015)
Go to: Previous Elvis News (Sep.-Oct. 2015)
Go to: Previous Elvis News (Aug. 2015)
Go to: Previous Elvis News (July 2015)
Go to: Previous Elvis News (May-June 2015)
Go to: Previous Elvis News (April, 2015)
Go to: Previous Elvis News (March, 2015)
Go to: Previous Elvis News (Jan.-Feb. 2015)

And More & More Elvis News since 1996.
www.ElvisWorld-Japan.com