www.ElvisWorld-Japan.com

(Compiled by Haruo Hirose)
www.ElvisWorld-Japan.com

ELVIS, Live 1969
(11-CD Deluxe Box Set)

US盤 8/9発売
日本語翻訳ブックレット付
'68 Comeback Special DVD

EU盤DVD 発売中
日本盤DVD 発売中

www.ElvisWorld-Japan.com


(July 23, 2019) (July 21, 2019)

Elvis In Lake Tahoe - 1971 (セットリスト)

Setlists - July 20-Aug.2, 1971 - Lake Tahoe

(Enlarge 拡大)


Elvis In Lake Tahoe - 1973 (セットリスト)

Setlists - May 4-16, 1973 - Lake Tahoe

(Enlarge 拡大)


Setlists (セットリスト)
Elvis in Las Vegas & Lake Tahoe

    1969
  • Las Vegas (July 31 - Aug.28, 1969)

    1970

  • Las Vegas (Jan.26 - Feb.23, 1970)
  • Las Vegas (Aug.10 - Sept.7, 1970)

    1971

  • (Setlists) Las Vegas (Jan.26 - Feb.23, 1971)
  • (Setlists) Lake Tahoe (July 20 - Aug.2, 1971)
  • (Setlists) Las Vegas (Aug.9 - Sept.6, 1971)

    1972

  • (Setlists) Las Vegas (Jan.26 - Feb.23, 1972)
  • (Setlists) Las Vegas (Aug.4 - Sept.4, 1972)

    1973

  • (Setlists) Las Vegas (Jan.26 - Feb.23, 1973)
  • (Setlists) Lake Tahoe (May 4 - May 16, 1973)
  • (Setlists) Las Vegas (Aug.6 - Sept.3, 1973)

    1974

  • (Setlists) Las Vegas (Jan.26 - Feb.9, 1974)
  • (Setlists) Lake Tahoe (May 16 - May 27, 1974)
  • (Setlists) Las Vegas (Aug.19 - Sept.2, 1974)
  • Lake Tahoe (Oct.11 - Oct.14, 1974)

    1975

  • (Setlists) Las Vegas (Mar.18 - Apr.1, 1975)
  • (Setlists) Las Vegas (Aug.18 - Aug.20, 1975)
  • (Setlists) Las Vegas (Dec.2 - Dec.15, 1975)

    1976

  • (Setlists) Lake Tahoe (Apr.30 - May 9, 1976)
  • (Setlists) Las Vegas (Dec.2 - Dec.12, 1976)



(July 11, 2019)


一夜限りのキネマ最響上映@Zepp東阪
エルヴィス・オン・ステージ

日時: 2019/8/29(木) 上映:16時~ (開場:15時30分~)
場所: Zepp DiverCity (東京都 アクセス) 
    Zepp Namba (大阪市 アクセス)
チケット: ①プレミアム・エリア・シート(全席指定)4,000円(税込)
      ②一般自由席(全席自由)3,000円(税込)
      ③スタンディング(立見)2,000円(税込)

チケット情報
1次先行(抽選) 2019年7月11日(木)12:00[正午]~ 7月20日(土)23:59
2次先行(抽選) 2019年7月23日(火)12:00[正午]~ 8月3日(土)23:59
一般発売(先着) 2019年8月8日(木)15:00 ~ 8月28日(水)23:59
当日券(先着) 一般発売終了後残席のある場合のみの販売となります。

現在、イープラスではプレオーダー受付中!
先行抽選 Zepp DiverCity Tokyo (東京都)
先行抽選 Zepp Namba (大阪市)



(July 5, 2019) (June 27, 2019)

"ELVIS, Live 1969" Promo Video

転換点となった1969年のラスヴェガス公演の様子を収めた 50周年記念ボックス・セット 『Live 1969』が発売!

 エルヴィス・プレスリーにとって革新的であった ラスヴェガス / インターナショナル・ホテル公演の 50周年を記念して、 CD11枚組の豪華ボックス・セット 『Live 1969』が 2019年8月9日に発売される (輸入盤のみ)。 8年ぶりに ステージへ復帰を果たした エルヴィスの1969年の ラスヴェガス滞在公演は 57回のショーが ソールド・アウトとなり、 全米シングル・チャート1位を獲得し 代表曲となったヒット曲 『サスピシャス・マインド』が 初めてライヴで歌われた (同曲は8月26日に発売50周年を迎える)。 エルヴィスの転換点となった これらの公演では “キング・オブ・ロックンロール” エルヴィスのもとに、 ジ・インペリアルズと ザ・スウィート・インスピレーションズの 2つのヴォーカル・グループ、 フル編成のオーケストラ、 そしてのちに TCBバンドとして知られるようになった バンドがバックを務めている。

  『Live 1969』は 活力に満ち溢れていた エルヴィスの 決定版コレクションと言える内容で、 1969年8月に ラスヴェガスのインターナショナル・ホテルで行った 11回の公演が 史上初めて完全収録される。 これらの公演のうち4回 (8/21ミッドナイト・ショー、 8/22ミッドナイト・ショー、 8/24ミッドナイト・ショー、 8/25ディナー・ショー)は 今回が初めての 完全版リリースとなり、 うち2回 (8/22ミッドナイト・ショー、 8/25ディナー・ショー) は 50年の間 多くの音源が未発表として 今に至っていたもの。 また8/23ディナー・ショーは 今年アナログ・リリースで 初めて日の目を見た貴重な音源。 パッケージにはレアな写真、 当時のグッズに加え、 ケン・シャープが エルヴィス、 トム・パーカー大佐、 ジェリー・シリング、 ジェームス・バートン、 シシー・ヒューストン、 テリー・ブラックウッド、 ジョージ・クライン、 ファッツ・ドミノ等との 歴史的なインタビューから キュレーションを行った 口述歴史を収録した 52ページのブックレットが 封入される。

 エルヴィスのインターナショナル・ホテルでの滞在公演は、 1968年に NBCテレビで放映され 大成功を収めた『ELVIS』 (通称『’68カムバック・スペシャル』) に続くものだった。 エルヴィスは29夜にわたって 合計57回の ソールド・アウトとなった パフォーマンスを行った。 インターナショナル・ホテルは 40人編成のオーケストラに 十分な大きさのステージや、 キャパシティ2,000席 (各夜200席が追加されたが) という、 当時ラスヴェガス最大だった 自慢のショウルームを擁していた。 公演はファンからも 評論家たちからも 受け入れられ、 輝かしい成功を収めた。

 なお、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルから出荷される商品(輸入盤)には 特典として、 英文ライナーの翻訳を 掲載した冊子が封入される。

 さらに、2019年8月9日には特別なLP2枚組 『Live at the International Hotel, Las Vegas, NV August 26, 1969』 も発売される (輸入盤のみ)。 このアナログ盤は エルヴィスが8月26日に行った ミッドナイト・ショウの公演を 完全収録したもので、 音源には ブルース色を帯びた ロックンロール、 美しいバラード、 そして 『イン・ザ・ゲットー』と 『サスピシャス・マインド』という、 当時は出来立てだった ヒット・シングル 2曲が含まれている。 他にもエルヴィスが ジョークを飛ばしたり、 自身のキャリアについて 深く掘り下げて語るなど、 非常にプライベートな 男の心の内側を洞察するという レアな音源も収録されている。

また、 『Live 1969』に加え、 『American Sound 1969』も2019年8月23日に配信リリースされる。 同コレクションには エルヴィスが1969年に アメリカン・サウンド・スタジオで行い、 同年発売された 『エルヴィス・イン・メンフィス (From Elvis in Memphis)』が 結実したセッションから、 90曲以上のレアおよび 未発表音源が収録されている。 エルヴィスの 吊盤の誉れ高いアルバム 『エルヴィス・イン・メンフィス』からは、 象徴的なヒット曲 『イン・ザ・ゲットー』が生まれている。

 1969年からの他のシングルには 『ドント・クライ・ダディ』 『サスピシャス・マインド』 『想い出のバラ』 などがあり、 それぞれが 100万枚以上を売り上げた。 『サスピシャス・マインド』は エルヴィスにとって、 ビルボードHOT100で NO.1を獲得した 18枚目にして 最後のシングルとなり、 彼の晩年のキャリア復活の 重要な成功のひとつとなった。 『アメリカン・サウンド1969』には、 これら往年の吊曲の 別ヴァージョンなどが 収録されている。



(May 15, 2019)

"Tonight's All Right For Love"

"Tonight Is So Right For Love"

 昔々、 "G.I. Blues" のLPレコード、 日本盤は "Tonight's All Right For Love" が、 アメリカ盤は "Tonight Is So Right For Love" と、 別の曲が 収められていると知り、 アメリカの輸入盤を 買い求めたものですが、 これは原曲の 著作権が 要因だったのです。

 アメリカなどの英語圏で公開された版に使われた "Tonight Is So Right For Love" は 原曲がオッフェンバックの "ホフマンの舟歌" で、 日本や ヨーロッパ諸国で使われた "Tonight's All Right For Love" は 原曲がヨハン・シュトラウスの "ウィーンの森の物語" です。

 ちょっと調べましたら、 日本盤の "G.I. Blues" のLPは全てが "Tonight's All Right For Love" 入りで、 CDの時代になって、 "Tonight Is So Right For Love" に変わりました。 日本で "Tonight Is So Right For Love" が初めて発売されたのは、 1972年発売の キャムデン盤 "Burning Love And Hits from His Movies" です。 アメリカで "Tonight's All Right For Love" が初めて発売されたのは、 1974年発売の "Elvis, A Legendary Performer, Vol.1" です。

 日本で発売されたビデオ・DVDや、 テレビで放映された "G.I. Blues" は、 全てが "Tonight Is So Right For Love" となってます。 ですから、 上のフランス語の字幕が入った "Tonight's All Right For Love" は とても貴重なものです。 よく見れば、 歌の部分だけでなく、 前のお芝居の部分も含めて ワン・シーン全てが 別録りになってます。



(May 9, 2019)

映画本編と予告編の編集違い

 知らない人が多いのですが、公開時にはカットされた歌の場面、 "I Don't Want To" (Girls! Girls! Girls!) や "Lonely Man" (Wild In The Country) が 予告編に出てきます。 他にも、 テイク違いが使われていたりと、 比べて見ると面白いです。



(May 1, 2019)

Suspicious Minds - Midnight Show(?), Aug.13, '70

Suspicious Minds - Midnight Show, Aug.14, '70



(Feb.15, 2019) (Jan. 9 2019) (Dec. 4, 2018) (Oct. 4, 2018)

If I Can Dream (from the NBC Elvis All-Star Tribute)

Elvis, All-Star Tribute (NBC)

エルヴィスのトリビュート番組に エド・シーラン / ポスト・マローン / ジェニファー・ロペス / ジョン・フォガティなど 多数出演

 2019年2月17日に 米NBCで ゴールデンタイムに放送される、 エルヴィス・プレスリーの トリビュート・ライブ番組の 豪華出演者が1月8日に発表された。

 『Elvis All-Star Tribute』と題された、 タイトルどおりの オールスター・イベントは、 ブレイク・シェルトンが 司会を務め、 エド・シーラン、 ポスト・マローン、ジョン・レジェンド、 ショーン・メンデス、 ジョン・フォガティ、 アダム・ランバート、 ジョシュ・グローバン、 ジェニファー・ロペス、アレッシア・カーラ、 キャリー・アンダーウッド、 キース・アーバン、 リトル・ビッグ・タウン、 マック・デイヴィス、 ヨランダ・アダムス、ケルシー・バレリーニ、 ピストル・アニーズ、 ディエクス・ベントレー、 ダリアス・ラッカー (フーティー・アンド・ ザ・ブロウフィッシュ)、 そして シェルトンがパフォーマンスを 披露する予定だ。

 プレス・リリースによると、 この2時間番組では 伝説の 『'68 Comeback Special』 が再現され、 貴重な映像や、 エルヴィスの元妻 プリシラ・プレスリーと 元番組のプロデューサーである スティーヴ・ビンダーへの インタビューが 放送されるほか、 娘のリサ・マリー・プレスリーも 出演する。

 2月15日には 『The Best of the '68 Comeback Special』 と題されたアルバムも RCA/Legacy Recordingsから リリースされる。 リマスターされた 15曲入りのアルバムには、 新スペシャル番組のきっかけとなった エルヴィスの楽曲や パフォーマンス、 "If I Can Dream" のニュー・ヴァージョン、 旧スペシャル番組の "スタンド・アップ" と "シット・ダウン" 部分や、 新スペシャルに登場する 3曲のオリジナル・スタジオ・レコーディングが 収録される。 iTunesなどでプレ・オーダーが開始されている。

"Elvis All-Star Tribute" (NBC) (Feb.17, 2019)

Celebrating one of the greatest musical events in television history, NBC will honor a true legend when it airs "Elvis All-Star Tribute," a look back at the network's iconic 1968 special that put Elvis Presley back on the map. From Ken Ehrlich, veteran executive producer of the Grammy Awards and a multi-Emmy Award nominee, the two-hour special will feature an all-star group of music superstars who will pay tribute to Elvis, recreating the spectacle - even the staging - of that legendary night. Elvis' December 3, 1968 special was his first live television performance since 1961 and a monumental television event. Dressed in a black leather jumpsuit and playing with a full band in front of an intimate audience, the telecast was hugely popular and was, in fact, the No. 1-rated show on NBC that season. In addition to musical performances, the special will showcase rare Elvis footage, outtakes and interviews from those involved in the special, including Director Steve Binder. Whether you're a lifelong fan or just getting to know Elvis, this is an event not to be missed. "Elvis All-Star Tribute" is executive produced by Ken Ehrlich and produced by Ken Ehrlich Productions.

A complete listing of the scheduled performances:

  • Trouble/Guitar Man - Elvis Presley, Blake Shelton
  • Hound Dog - Shawn Mendes
  • Burning Love - Keith Urban
  • Baby, What You Want Me To Do - Keith Urban & Post Malone
  • Jailhouse Rock - John Fogerty
  • Can't Help Falling In Love - Ed Sheeran
  • Always On My Mind - Kelsea Ballerini
  • Heartbreak Hotel - Jennifer Lopez
  • One Night - Darius Rucker
  • Suspicious Minds - Blake Shelton
  • Love Me Tender - Alessia Cara
  • Memories - Mac Davis
  • A Little Less Conversation - John Legend
  • Are You Lonesome Tonight - Little Big Town
  • Blue Suede Shoes - Adam Lambert
  • Love Me - Pistol Annies
  • Hits Medley (That's All Right, Don't Be Cruel, Blue Suede Shoes) - Mac Davis, Post Malone, Little Big Town, Darius Rucker & Blake Shelton
  • How Great Thou Art - Carrie Underwood
  • He Touched Me - Yolanda Adams
  • You'll Never Walk Alone - Yolanda Adams & Carrie Underwood
  • Little Sister - Dierks Bentley
  • It's Now Or Never - Josh Groban
  • If I Can Dream - Elvis Presley, Carrie Underwood, Shawn Mendes, Post Malone, Darius Rucker & Blake Shelton

Post Malone, Shawn Mendes, Adam Lambert Among Stars Lined Up for Elvis '68 Tribute

On the day Elvis Presley would have turned 84, NBC is marking the occasion by announcing performers for its "Elvis All-Star Tribute," which will air on February 17 from 9-11 p.m. (ET/PT).

A healthy mix of young stars (Post Malone, Ed Sheeran, Alessia Cara, Shawn Mendes, Adam Lambert and Kelsea Ballerini) and established names (Blake Shelton, John Fogerty, Dierks Bentley, Keith Urban, Jennifer Lopez, Josh Groban, Darius Rucker, Pistol Annies, Carrie Underwood, Little Big Town and Mac Davis) recreated the look and feel of the famed Elvis "'68 Comeback Special." Complete with its gboxing ring without ropesh set on a Universal City soundstage, the special, hosted by Shelton, was taped last October before an invited audience. Ken Ehrlich produced and Don Was served as musical director.

With Ehrlich on board as producer for his own AEG Ehrlich Ventures, the longtime Grammy guru leaned on his years of experience to match the right performer with the right song and come up with well-curated collaborations. Speaking to Variety, Ehrlich explains: "I was just listening to John Legend one day and thought, he'd be perfect for "A Little Less Conversation." Keith Urban personally requested Post Malone for a duet on "Baby What You Want Me to Do," a section of the show which recalls the part when Elvis and his band were just casually playing together onstage. When I asked Post Malone about performing it, he said, "Oh, yeah, the Jimmy Reed song."

Other highlights from the two-night taping included Shawn Mendes take on "Hound Dog," which prompted a laughing Mike Stoller ( seated in the studio audience ) to utter his famous refrain, "I always preferred Big Mama Thornton," and Adam Lambertfs cover of "Blue Suede Shoes," for which he paid homage to the Carl Perkins-penned original by sporting a pair. Says Lambert: "What was I supposed to wear? Red ones? Elvis defined pop culture in the '50s with his voice, style and swagger. He was one of the first icons I ever listened to, so to take the stage during this anniversary tribute feels like a big honor."

Aside from the in-the-round presentation, there are several other iconic set pieces, including Jennifer Lopez singing "Heartbreak Hotel" against the glimmering neon lights spelling out ELVIS, along with Yolanda Adams and Carrie Underwood's gospel tribute and Josh Groban's operatic "It's Now or Never."

The special will also feature interviews with Priscilla Presley and original '68 special director Steve Binder, as well as an appearance from Lisa Marie Presley.

In addition, Sony Music Entertainmentfs RCA/Legacy Recordings will release "The Best of the '68 Comeback Special" on February 15, two days before the airing of "Elvis All-Star Tribute." The new album is, in large part, a condensed version of a 7-disc boxed set released in November that included all of the recordings taped for the show. The February album will 15 Presley performances from the "stand-up" and "sit-down" shows filmed for the '68 broadcast, plus three original studio recordings representing songs that appear in the new special. It also offers one intriguing bonus not included in the recent boxed set: a new version of the closing number, "If I Can Dream," from the special, featuring Elvis' original vocals alongside performances by Underwood, Mendes, Rucker, Shelton and Post Malone.



(Jan. 9, 2019)

2019 Elvis Birthday Proclamation Ceremony

 昨日、グレースランドで、 エルヴィス・プレスリー誕生日宣言式典が 行われました。


www.ElvisWorld-Japan.com

Go to: Previous Elvis News (Aug.-Dec. 2018)
Go to: Previous Elvis News (Jan.-July 2018)
Go to: Previous Elvis News (Aug.-Dec. 2017)
Go to: Previous Elvis News (Jan.-July 2017)
Go to: Previous Elvis News (Aug.-Dec. 2016)
Go to: Previous Elvis News (Jan.-July 2016)

And More & More Elvis News since 1996.
www.ElvisWorld-Japan.com